東大阪市・八尾市の若い税理士 やの会計事務所

初回相談無料 受付時間 9:00~19:00

電話アイコン 06-4307-5852

個人の確定申告 ②「申告義務のある人」

こんにちは、東大阪 税理士 やの会計事務所です。 年が明けてから、寒い日が続きます。 インフルエンザもはやっております。 弊社のクライアント様の中には、インフルエンザで職員さんのお休みが 続き業務に支障がでている会社様もあります。 皆さん、お身体には気をつけてくださいね。 さて、先日は、こちらで確定申告の簡単な概要をお話ししました。 確定申告の手続といっても、次の2パターンが考えられます。 ①義務でしなくてはいけない人、 ②義務はないけど、したほうがいい人 本日は、①のパターン「確定申告を義務でしなければ行けない人」をご説明します。 確定申告の義務が発生するのは、 ⅰ 給与収入が2000万円超の方 ⅱ 給与収入が2000万円以下でも、2箇所以上に勤務している又は 給与以外の他の収入が20万円超ある場合。 ⅰについては、高額所得者として、申告は必ず必要になります。 これは、勤務先を年末調整事務をしていても関係ないです。 ⅱについては、所得税の計算は、収入が複数あれば全て合算で行われることから、2箇所以上に勤務されている場合、年末調整は主たる一方の勤務先でしか行われないことから、確定申告しなければいけません。 他の収入がある場合も同様に必要です。 ただし、上記に該当しても、税金計算の際に一定の控除が認められていますので、 それらを超えない場合には申告は不要になります。 (一定の控除については、次回以降にお話いたします。) 最近では副業がブームになってますので、 全て、確定申告が必要なのか検討が必要なります。 ※ 給与以外の収入について具体例 個人で開業している事業主 不動産所有で賃貸している。 生命保険契約等の満期保険金、解約返戻金、年金を収入した方 不動産やその他の資産(株式、金、仮想通貨)を売却した方 株式等に投資し、配当や収益を得ている方   等々 確定申告をしなければいけないかどうかの判断は、難しいです。 ご自身が該当するかどうか、迷った際には、税理士にご相談されることを オススメいたします。 次回は、②の義務はないけどしたほうがいい人についてご説明いたします。 確定申告のご相談は、東大阪の若手税理士 やの会計事務所にお任せください。

個人の確定申告 ①「概要」

東大阪 税理士 やの会計事務所です。 毎年恒例の個人の確定申告の時期(毎年2月16日~3月15日)が近づいてきました。 ご準備はいかがでしょうか? 確定申告とは、耳にしたことはあるかと思いますが、 わかっているようで、わかっていない。 今更聞けないことだと思いますので、矢野がこっそりご説明いたします。 税理士がお話すると、すぐに専門用語を使ってしまう悪いクセがありますので、 平易な言葉で説明するように注意します。 国民には、税金を国に納める義務があります。 これは憲法で定められています。 この税金を納める際には、自分の稼ぎを自分で計算(確定)することになっています。 その際には、税金の金額まで計算を行います。 そして、その計算した稼ぎ(所得=利益)と計算した税金を 書面(申告書)に記載して国に提出(申告)するのです。 これが確定申告です。 提出先は国の窓口である、税務署です。 税務署は各地域にあり、一般的には自分の住所の所在する税務署に提出を行います。 ここまでのお話でしたら、全国民が申告しないといけないみたいに 聞こえてきます。ただ、実際は、申告をしていない方がおられると思います。 申告しなくてもいいケースがあります。 一般的には、収入がそれほど多くはなく、申告しても 税金が発生しない場合には、法律上、申告を要しないとされています。 「収入が少ないとは?」の具体的範囲の今回が記載を省略しますね。 また、そこそこ収入があっても申告しなくてもいいケースもあります。 それはサラリーマンの方です。「税金が免除されているのか?」 そういうわけではありません。 サラリーマンの方の場合、勤務先が確定申告に代わる手続を行ってくれています。 年末調整という作業ですが、このため、大部分のサラリーマンの方は 確定申告を省略が可能となってます。 (年末の時期に勤務先から、名前、生年月日、家族の名前などかかされる、 扶養控除等申告書なるあの書類がその手続になります。) それでは、逆に、確定申告しなくてはいけない方はどんな方なのか? 一般的には、サラリーマン以外の方で、自営業者や、不動産の大家さん、資産を売却した人 は、確定申告が必要となります。 また、サラリーマンの方でも、2箇所以上に勤務していて、 年末調整された会社以外からの給与がある場合も必要となります。 これらの人たちは、確定申告が義務になってきますが、 確定申告を行う人の中には義務がなくてもされる方もおられます。 少し長くなりましたので、続きが次回お話します。 東大阪周辺で、確定申告で税理士にお願いしたい方、 やの会計事務所まで、是非お問い合わせください。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 東大阪 八尾を中心に中小企業を税務、財務の面から サポートします税理士のやの会計事務所でございます。 本年は、ますますサービスのクオリティを高め、 1社でも多くの会社様の発展に貢献していく所存でございます。 本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

ご挨拶

お客様、協力企業様 平成28年度もやの会計事務所をご愛顧頂きありがとうございました。 12月28日をもって、仕事納めとさせて頂きました。 新年は、1月5日より業務を開始いたします。 やの会計事務所は、来年、開業5年目を迎えるにあたり、 事務所も近隣に移転予定でございます。 社長様と今以上に膝を突き合わせてお話できるよう、 設備を一新し、リニューアルオープンさせて頂きます。 来年度も東大阪中心とするの中小企業様を税務会計の面から サポートさせて頂く所存でございます。 来年度もやの会計事務所をよろしくお願いいたします。

小さな会社のお金の貯め方②

こんにちは東大阪・八尾の税理士 やの会計事務所です。 ゴールデンウィークが終わり、早いもので、 平成28年も中盤に入ろうとしていますね。   今回は、小さな会社のお金の貯め方について、続きのお話しをしていきます。 小さな会社がお金を貯めるために、まず準備すること、それは定期預金口座の開設です。 そして、毎月決められた日に、普通預金の取引口座から自動振替を設定します。 自動振替される設定金額は、モチベーションを上げるためにも、少し多めに設定していきましょう。もちろん月々に商売で発生する利益の範囲内ですが。   では、なぜ定期預金なのか?その効果について。   ①    不要な設備投資、経費支出をしない。 ②    獲得した利益が、定期預金に残る ③    納税資金に困らない   ①    について すべての業種に言えることですが、売上入金が重なることで、通帳の残高が多くなると 社長の気が大きくなり、社用車の購入を検討したり、接待交際など売上につながるかどうか曖昧な支払いに充てることがよくあります。 これが、あらかじめ定期預金に振替えられていて、取引口座から残高なくなっていれば、使うどころか、売上を増やすための目標になります。 また、定期預金の目標額が一つの励みになるのです。 会計のコンサルなどが、自己資本比率の目標を掲げるように説明しますが、中小企業では実際に即使える会社の資金がいくらあるかを目標にした方が、社長にとっては具体的でしょう。   ②    について 特に、在庫を多く抱える業種や、売掛金と買掛金のサイト負けするような業種は、利益が出ているのに、手元に資金がないことがよくあります。 これらの会社によくあるのが、よりビジネスを大きくするために、手元の資金をすべて、過剰な在庫や支払いに回してしまうことです。これにより納税ができなくなったり、突発的な資金需要に対応できなくなります。 利益は将来の会社存続費と言われます。いわゆる会社に何かあった時のための保険なのです。そのため、定期預金でいつでも準備できる資金を用意しておくのです。       ③    について 利益がでる会社に避けて通れないのが、納税です。 ②でも触れたように、決算の際に過剰在庫や売掛金が多く残って先に支払い済ましているような場合には、納税が難しくなります。 そんな時、定期預金から支払うことができれば、非常に楽です。 また、定期預金=本年の利益なわけですから、法人であればそこに35%乗じておけばある程度の納税準備もできるのです。残りは確実に会社のものとなります。 もともと想定している税金の負担はそんなに多く感じないはずです。   ここまで定期預金をする効果をお話ししましたが、私の顧問先には積極的にこれを進めています。最初は、みなさん困難もあるようですが、軌道にのれば本当にビジネスで儲けていると実感がわくようです。   いかがでしょうか。 定期預金口座開設なんで、どなたでもできるようなお話しをしましたが、 一度やってみてください。零細企業の社長にとって、簡単に堅実な経営ができると思います。      

小さな会社のお金の貯め方

こんにちは、東大阪 税理士 やの会計事務所です。 確定申告が終わり、税理士業界はようやく一息です。   ちなみに確定申告の提出期限は、3月15日までですが、 「忘れていた」、「忙しくて間に合わなかった」という方は、 今からでも結構です。申告は、必ず終わらせてください。 税務署の窓口では、別に怒られたりしないです。 普通に受付はしてもらえます。 (申告により納税が発生する場合には、将来的に少しペナルティは、 発生するかもしれないです。延滞税や期限後申告により少し不利に) また、還付を受けるための申告であれば、5年以内であれば大丈夫です。 ただ、念のため、お早めに。   さて、今回からは、税金のお話中心ではなく、 「小さな会社のお金の貯め方」と題して、 小さな会社がいかに現金をストックしていけばいいのかについてお話ししていきます。 やの会計事務所も小さな会社です。そこで実体験も踏まえてお話ししていきます。   実はお金の貯め方はちょっとしたコツがあります。 これには、基本的な計数管理や、税金の大まかな知識が理解する必要があります。 そこで次のようなタイトルで何度かに分けて、お話ししていきますので、 是非参考にしてください。   ①    会社用の定期預金口座を作りなさい。 ②    目標現金にいくら税金がかかるか把握しなさい ③    節税対策を徹底的に利用しなさい ④    脱税は麻薬!必ず禁断症状が。 ⑤    粗利益率から必要売上を計算しなさい ⑥    在庫は、設備投資と同じ ⑦    売掛金、手形は、資産であってカネでない ⑧    定期預金と試算表は最低2回確認しなさい   いかがでしょう。 一般的な参考書とは、少し異なった切り口でお話ししていきます。 小さな会社の経営者は、感性で経営されている方が多いです。 この感性は非常に大事です、下手に理屈を説明すると 結局何にも活かされないので、 簡単に、ざっくり教えていきます。 是非、楽しみにしていてください。