お問い合わせはこちら

やの会計事務所 Facebookページ

やの会計事務所
大阪府東大阪市長田東2-1-33
長田平成ビル705・706

大阪市営地下鉄中央線
/近鉄けいはんな線 長田駅 3番出口
徒歩1分

TEL:06-4307-5852

知っておきたい年末調整の話

こんにちは、やの会計事務所です。
12月に入りました、会社ではそろそろ年末調整の手続を始めていることだと思います。

さて、年末調整とは、どのようなものでしょうか。

一言で、会社で働く社員さんの所得税の確定申告を
社員さんに代わって会社がしてあげる制度です。

本来、所得税は今年1年間の収入が決まれば正しい計算ができます。
でも、会社から給与が支払われる際に、所得税が源泉徴収されていますよね。
これは、国がどうせ払う税金だからと先に徴収しているわけです。
だから、年間収入が未確定な状態の税金、つまり、概算金額が徴収されているわけです。
もちろん、その金額は、法律できちんと定められているわけですが。

年末調整は、この前払いした所得税を、社員さんの1年の収入が決まったタイミング、つまり12月できっちり計算することで、先に取り過ぎがあった場合には還付してあげる制度です。

年末の忙しい時期に、給与所得者の扶養控除等申告書や給与所得者の保険料控除申告書など社員さんが記載することになるのは、会社に個人の情報を適切に伝え、
所得税の計算に反映するためなんですね。

ちなみに、本来、個人の確定申告は、自分で税務署に行き申告書を提出し、税金を銀行に納めてと面倒なことを年明けにしなければいけないんですが、社員さんの収入を把握している会社が、代わってしてくれているのです。この辺は、会社が義務化されているとはいえ、勤務先の会社に感謝しなければいけない所ですね。

なお、年末調整で、反映しきれない内容、例えば、医療費控除やローン控除を受ける場合などは、年末調整をしてもらっても、ご自身で確定申告しないといけないので、
年明けの3月15日までに手続きするよう準備しておいてくださいね。

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

お問い合わせはお気軽に

このページのトップへ